Zaikocloudをお選び頂き、ありがとうございます。
下記、必要事項を記入の上、「送信」ボタンを押してください。
登録が完了次第、弊社よりご連絡致します。
※営業時間外にお問い合わせ頂いた場合、翌営業日以降の対応となる場合がございます。

  



利用契約約款

この契約は、契約者様と株式会社バーディモバイル(以下「当社」という)が、在庫管理クラウドサービスZaikocloud(以下「本サービス」という)をご利用いただく際の取扱いにつき定めるものです。本契約に同意した上で本サービスをご利用ください。

第1条(定義等)

本契約においては、以下の用語は、特段の定義がある場合および文脈上別意に解すべき場合を除き、それぞれ以下に定める意味を有するものとする。

A)本サービスの利用とは、契約者様がクライアントにおいて、クライアントソフトまたは当社の提供するアプリケーションを使用して本サービスの提供する機能を利用することをいう。

B)クライアントとは、本サービスが別途定める条件を満たすコンピュータであ って、契約者様が本サービスを利用するために使用するものをいう。

C)クライアントソフトとは、本サービスが別途定める条件を満たすコンピュー タプログラムであって、契約者様が本サービスを利用するためにクライアントにインストールし、実行し、使用するものをいう。

D)サーバとは、当社が本サービスを提供するために使用するサーバソフトがインストールされているコンピュータであって、当社または第17条所定の第三者が 管理するものをいう。

E)サーバソフトとは、当社が本サービスを提供するためにサーバにインストールし、実行し、契約者様にアクセス回線を通じて接続させ、利用させるコンピュータプログラムのことをいう。

F)サーバデータとは、契約者様がサーバに記録したデータ及び当該データのサーバソフトによる処理結果のことをいう。

G)サーバネットワークとは、当社又は第17条所定の第三者が本サービスのように供するサーバその他のハード、サーバソフト、サーバデータ等を保管する施設内に設置されている電気通信回線のことをいう。

H)アクセス回線とは、クライアント及びサーバネットワークを接続するために、 契約者様が電気通信事業者から提供を受けて使用する電気通信回線のことをいう。

第2条(使用権の許諾)

1.当社は本契約書記載の条件に従い、本サービスの日本国内における非独占的かつ譲渡不可能な権利を契約者様に対して許諾する。それにより、契約者様は本サービスを利用できるものとする。

2.本サービスとは、コンピュータソフトウェアを含み、それに関連した媒体、印刷物(マニュアルなどの文書)、Webページおよび電子文書を含む。

3.本サービスは、不特定のネットワークからのアクセスを前提とするアプリケーションを除き、予め契約者様、当社にて取り決めを行った特定のネットワークからのみ利用することができる。

第3条(アクセス回線)

本サービスの利用に際し、契約者様は、自らの責任及び負担において、アクセス回線を利用するものとする。契約者様が、当社に対し、アクセス回線の提供を委託する場合には、当社と別途契約を締結するものとする。

第4条(知的財産権等)

本サービスに関する著作権、商標権、ノウハウその他の知的財産権は当社に独占的に帰属する。

第5条(使用制限事項)

1.契約者様は、当社の書面による事前の承諾を得ることなく、本サービスを第三者へ賃貸、貸与、販売または譲渡できないものとする。また、本サービスに担保権を設定することはできない。

2.契約者様は、本サービスについてリバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブル、その他改変することはできないものとする。本サービスを既定の方法以外で利用したことに起因したすべての障害については、当社は一切の責任を負わないものとする。

3.本サービスを既定の方法以外で利用したことに起因したすべての障害については、当社は一切の責任を負わないものとする。

第6条(ユーザーサポートサービス)

1.本サービスに関するユーザーサポートサービスの提供範囲は、本サービスに表 記した内容に限るものとする。

2.契約者様が本サービスを当社が定める使用環境以外で使用する場合、当社はユーザーサポートサービス提供の義務を負わないものとする。

3.当社は以下の場合において、契約者様への事前の通知を行うことなくユーザーサポートサービスの提供を停止できるものとする。

A)ユーザーサポートサービスに関連するシステムのいずれかに対して緊急保守を行う場合

B)火災、停電等の不可抗力および第三者の妨害等により、サービスの提供またはシステムの運用ができなくなった場合

C)天災またはこれに類する事由により、サービスの提供またはシステムの運用ができなくなった場合

D)上記以外の緊急事態により、サービスの提供またはシステムの運用ができなくなった場合

第7条(セキュリティ)

1.当社は、本サービス環境の安全を確保するために、本サービス環境に当社の定めるセキュリティ防護措置を講じるものとする。ただし、当社は、本サービス環境への不正なアクセスまたは本サービスの不正な利用を完全に防止することを何ら保証するものではない。

2.契約者様は、コンピュータ上で動作するソフトウェア(本サービスの一部として提供されるものを含む)には、既知および未知のセキュリティ脆弱性が存在する可能性があることを了解するものとし、契約者の判断において、当該ソフトウェアに対してライセンサーその他第三者より提供される修正ソフトウェアの適用その他必要な措置をとるものとする。

3.コンピュータ上で動作する基本ソフトウェア等のソフトウェアに存在する既 知及び未知のセキュリティ脆弱性に起因して契約者様または第三者が損害を被った場合であっても、当社はいかなる責任も負わないものとする。

4.当社は、本サービスの提供のために設置する設備等に対してまたはこれを利用して不正侵入を試みる通信、設備等の破壊を試みる通信、および本サービスの利用不能等を試みる通信等(以下「攻撃的通信」という)を検知するため、侵入検知システム等(以下「IDS」という)を設置することができる。

5.当社は、IDS により、各通信が、攻撃的通信であるか否かを判断するため、本サービスと外部との通信の内容を確認することができる。契約者様は、IDS により、当社が当該通信の内容を確認することがあることを、あらかじめ了承するものとする。

6.当社は、IDS により得られた攻撃的通信の記録の集計・分析を行い、統計資料を作成し、本サービスの安全性向上等のために限定して利用、処理するものとする。また、契約者様は、当社が作成した統計資料が、コンピュータセキュリティの研究、開発、改善、啓蒙その他の目的のために公表されることがあることを、了解するものとする。

第8条(サービスの停止)

1.本サービスは、予め定めるスケジュールにおいて定期メンテナンスを行う。

2.当社は以下のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を停止することがある。

A)本サービス、その他本サービスを提供するために必要なシステムのメンテナンス、電気通信設備の保守上または工事上やむを得ないとき、またこれらにやむを得ない障害が発生したとき

B)本サービスに著しい負荷や障害が与えられることによって正常なサービスを提供することが困難である場合、または困難であると当社が判断したとき

C)データの改ざん、ハッキング等本サービスを提供することにより、契約者様、第三者等が著しい損害を受ける可能性を当社が認識したとき

D)電気通信事業者または、国内外の電気通信事業体による電気通信サービス、電力会社による電力供給サービス、その他の公共サービスの提供が停止されることで、本サービスの提供が困難になったとき

E)地震・津波・台風・落雷その他の天災地変、戦争、内乱、法令の制定改廃その他不可抗力等より、非常事態が発生した場合、又はそのおそれがあるとき

F)その他、当社が本サービスの提供を停止、緊急停止する必要があると判断した場合

第9条(利用料金)

契約者様は、本サービスの提供を受ける対価として、当社に対し、別途指定するところに従って本サービスおよび本サービスに付随するサービスの利用料(以下「本サービス利用料金等」という)を支払うものとします。

第10条(利用料金の支払い)

本サービス利用料金等の支払は、当社の指定する銀行口座に振込むことにより行うものとし、振込手数料は、契約者様の負担とする。

第11条(利用料金不払い時の措置)

1.正当な理由を記載した文書による申し出をすることなく、当社の発行する請求書記載の支払期日までに、契約者様が本サービス料金等を支払わなかった場合、当社は契約者様に対して、事前に通知した上で、本サービスの全部又は一部を停止することができるものとします。

2.契約者様が当社に対し、前項所定の支払期日までに本件サービス料金等を支払わなかった場合、契約者様は当社に対し、年利10%の割合で遅延損害金を支払うものとします。

第12条(ID等の管理責任)

1.契約者様は、当社から本サービスを利用するために必要なID及びパスワード(以下「ID等」という。)の発行を受けた場合、契約者様は、本サービスを利用するためにのみ当該ID等を使用するもとし、当該ID等が第三者(本サービスを利用する権限のない契約者様の従業員を含む。以下、本条において同じ。)に開示又は漏洩することがないよう善良な管理者の注意をもって管理するものとする。

2.契約者様の責めに帰すべき事由により、ID等が第三者に開示または漏洩し、当該第三者がID等を用いて、本サービスを利用した場合、契約者様による利用とみなすものとする。

3.前項の第三者による利用に関し、契約者様に損害が生じた場合であっても、当社は、一切の賠償責任を負わないものとする。

第13条(利用者固有情報の管理)

1.当社は、契約者様が本サービスに自ら登録・入力した、契約者様に固有の情報であってアクセス制御機能が施されているもの(以下「利用者固有情報」という)を、契約者様の同意なく参照、閲覧等して利用できないものとする。

2.前項の定めにかかわらず、当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、利用者固有情報を、正当な範囲で参照、閲覧(当該各号において定める場合には第三者に開示することを含む)することがあるものとします。なお、契約者様は、次の各号のいずれかに該当することにより参照・閲覧された利用者固有情報を、当該各号の定めに基づく参照・閲覧の目的以外の目的に利用しないものとします。

A)刑事訴訟法第218条その他同法もしくは犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令もしくは法令に基づく強制的な処分が行われた場合において、当該処分の範囲で開示する場合

B)特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第 4条に基づく開示請求の要件が充足された場合において、当該開示請求の範囲で開示する場合

C)生命、身体または財産の保護のために必要があると当社が判断した場合において、当該保護のために必要な範囲で利用、開示する場合

D)当社がクラウドサービスを運営するために必要な範囲(利用料金の算定、設備の維持等)において利用者固有情報を参照する場合

第14条(秘密情報の取り扱い)

契約者様は、本サービスおよび本サービスに関する複製物、ドキュメント等の関連資料を秘密扱いとし、これらを一切開示してはならないものとする。また、契約者様は本契約の有効期間中、およびその終了後も本契約に基づき知得した当社の業務上の一切の秘密を、第三者に漏洩してはならないものとする。ただし、すでに公知となっている情報についてはその限りではない。

第15条(第三者ソフトの利用)

当社がクライアントソフト及びサーバソフトとして当社以外の者が権利を有するソフト(以下「第三者ソフト」という。)を使用する場合であって、別途、契約者様当社間で、使用許諾契約等の締結が必要な場合、契約者様及び当社は、第三者ソフトをサーバソフトとして使用するために必要な措置を講ずるものとする。

第16条(サーバデータの保存、管理及び削除)

1.当社は、本契約の有効期間中、サーバデータを善良なる管理者の注意をもって管理するものとする。

2.本契約終了後、当社は、本サービスに係るすべてのサーバデータを削除することができるものとする。

3.本契約終了後において引き続き保存する必要があると契約者様が判断したサーバデータに関しては、契約者様は自らの責任で保存のために必要な一切の措置を講ずるものとし、当社は一切の責任を負わないものとする。

4.当社は、本契約の有効期間中であっても、契約者様に対し、事前に文書又は電子メールによる通知をした上で、サーバデータを削除することができるものとする。

第17条(再委託)

当社は、本契約の履行に必要な業務を第三者に委託することができるものとする。ただし、当社は、これにより、本契約上の契約者様に対する義務を免れることはできない。

第18条(契約期間)

契約者様もしくは当社いずれかの書面による本契約終了の意思表示が無い限り、自動的に延長されるものとし、その後も同様とする。

第19条(契約の解除)

1.契約者様及び当社は、相手方が本契約の条項に一つでも違反した場合、前項の規定にかかわらず、相当な期間を定めて書面により勧告したうえで本契約を解除することができる。

2.当社は、契約者様が次の各号の一つに該当する場合、前項の規定に関わらず、契約者様はいつでも書面による通知なしに本契約の全部または一部を解除できるものとする。

A)手形又は小切手が不渡りとなったとき。

B)差押え、仮差押え若しくは仮処分があったとき又は競売の申立てがあったとき。

C)破産、民事再生、会社更生又は特別清算の手続開始申立てがあったとき。

D)解散又は営業の全部若しくは重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき。

E)その他、契約者様の信用に対する不安が生じたとき。

3. 契約者様が前項各号のいずれかに該当する場合、契約者様は当社に対する全債務(手形債務を含む。)について期限の利益を当然に喪失し、直ちにその債務を履行しなければならないものとする。

第20条(契約終了時の措置)

1.契約者様及び当社は、本契約の終了後遅滞なく、秘密情報を提供当事者に返還するか又は自らの責任で破棄するものとする。

2.本契約が終了した時点で未払いの本サービス料金等その他の料金がある場合、契約者様は、直ちに当該料金等を支払うものとする

第21条(損害賠償)

1.本契約の履行に関し、当社に故意・重過失が認められ、当社の責に帰すべき事由により契約者様に損害が生じた場合、当該事由の直接の結果として契約者様が現実に被った通常の損害に限り、契約者様は当社に対し、当該損害の生じた時点における本サービス月額利用料金の10% 相当額を上限として、当該損害の賠償を請求することができるものとする。

2.本サービスを利用することにより生じた、いかなる損害においても、当社に故意・重過失がある場合を除き、当社は契約者様の損害を賠償する義務を負わない。なお、次の各号に掲げる事由は、当社の責に帰すことができない事由(ただしこれらに限られない)であり、当社は、当該事由に起因して契約者に生じた損害については、いかなる法律上の責任も負わないものとする。

A)計画メンテナンスの実施

B)地震、台風、洪水、嵐等の自然災害、感染症の発生、戦争、内乱、暴動

C)行政機関または司法機関による業務を停止する旨の命令

D)クライアント設備・環境の不具合

E)クライアントで動作する、当社以外が提供するソフトウェアの不具合

F)契約者様及び第三者がクライアント及びクライアントソフトに施した設定の不具合

G)本サービスに接続するためのネットワーク回線の不具合

H)契約者様及び第三者による不正な操作

I)第三者からの攻撃および不正行為

第22条(別途協議)

契約者様及び当社は、本契約に定めのない事項、又は疑義の生じた事項については、誠意をもって協議決定するものとする。

第23条(事業譲渡等)

当社が本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、会社分割その他本サービスが移転する一切の場合を含む。)には、当該事業の譲渡に伴い、契約者様の本契約に基づく権利・義務およびその他の情報を、当社は当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、契約者様は、かかる譲渡につき予め承諾するものとする。

第24条(保証の否認)

当社は、本サービスにつきいかなる保証も行うものではありません。本サービスは現状有姿で提供されるものであり、当社は本サービスについて、特定の目的の適合性、商業的有用性、完全性、正確性、合法性、継続性を含め、一切の保証を行わないものとし、契約者様がその内容を信用したことにより損害等が生じても、当社は一切の責任を負いません。

第25条(管轄裁判所等)

この契約の準拠法は日本法とし、この契約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所をもって第1審の専属的な管轄裁判所とする。

第26条(反社会的勢力との関係遮断)

契約者様及び当社は、それぞれが相手方に対し、次の各号の事項を表明し確約する。

1.自らが、暴力団、暴力団構成員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会的運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者等、暴力・威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反社会的勢力(以下総称して「反社会的勢力」という。)に該当せず、将来も反社会的勢力とならないこと。

2.自らの役員(代表者、取締役又は実質的に経営を支配する者)が反社会的勢力に該当せず、将来も反社会的勢力とならないこと。

3.自らの業務委託先等として反社会的勢力と取引をしないこと。

4.自ら又は第三者を利用して、次の行為をしないこと。

A)暴力的な要求行為

B)法的な責任を超えた不当な要求行為

C)取引に関して、脅迫的な言動をする、又は暴力を用いる行為

D)虚偽の風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為

E)その他前記に準ずる行為

5.契約者様及び当社は、相手方が前項の事項のいずれかに反することが判明した場合には、相手方に対し何らかの催告を要せずして、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができるものとする。この場合、本契約の解除に起因し又は関連して相手方に損害等が生じた場合であっても、契約を解除した当事者は、何ら責任を負わないとともに、契約を解除した当事者に損害等が生じた場合、相手方に対する損害賠償請求を妨げないものとする。

2018年12月3日施行